2015年11月22日

妊活と葉酸

赤ちゃんがほしいと考えて妊活をはじめたその時から葉酸を摂るようにする事が望ましいといわれています。オナカに子どもが出来る前に十分な葉酸が体の中に蓄積されている事が胎児の先天性奇形の予防については効果的です。
当然、妊娠3ヵ月頃まではつづけて摂取する事が重要です。



不妊症対策にはいくつもの治療法があり、原因が何かによってその治し方も大聴く変わってきます。


排卵日を確実に調べ、自然妊娠を狙うタイミング法。
高齢出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)や体外受精でも妊娠が無理な人が治療してみる最も高度な技術の顕微授精など、その人に見合う治療を開始することが出来るのです。


妊婦にとっての必要な栄養素と言うのは葉酸というはずです。この葉酸が足りないとコドモの脳や神経系に障害が残るリスクが格段に大聴くなります。実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかといったら、大体、妊娠3ヶ月以内としているため、この頃に葉酸を摂取する必要があります。

妊娠中の方にとって葉酸は非常に大切です。
ですから、サプリメントで葉酸を摂っている方は少なくないようですが、その葉酸サプリメントが安心・安全かどうかを見極めるために、「使われている添加物は安全なものか」、「販売会社は信用できそうか」などをしっかりとチェックし、可能であれば、天然葉酸を取り入れるようにすることが重要です。鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)にはツボにあたる箇所を刺激することにより自律神経系及び内分泌系の働きを良くする効果があり、体全体のバランスのとれた状態に整えたり、促進するというような効果が期待できます。


お灸ですが、肩凝りや腰痛に悩む方のための治療方法だと思っている方も多いと思っておりますが、副作用(効果が強ければ強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)の心配なく妊娠しやすい母体を作る薬を使わない治療方法として不妊に悩む方にはお灸がいいと言われているようです。不妊治療と言うものに抵抗を感じるご夫婦もおられるでしょう。なおかつ、不妊治療には特に心配がなかっ立としても、治療そのものにかかるコストが重荷となってはじめられなかったり、長期に渡っては不可能なこともあるのではないでしょうか。タイミング治療においては、それほど費用がかかりませんが、人工授精や体外受精を希望すれば、まあまあの治療費が不可欠となります。

実際、妊活と言うのはどうしても女性が主導権を持ってする事だと思われがちですが、コドモは、夫婦がお互い望んでできる所以で、男の人も持ちろん、妊活をすることが必要だと思っております。排卵の仕組みを正しく勉強して、どのタイミングでセックスをすると、コドモを授かりやすいのかということを正しく把握しておくことも男性にとっての立派な妊活のひとつなのではないでしょうか。葉酸と言うものは妊娠前から摂取して初期の時点で体の中にあることが理想だとされます。


不妊症を治療している段階で、妊娠を望んでいるのですから、治療している段階でも葉酸を積極的に摂取することも先天性奇形を予防するという点も考えて重要となってきます。
不妊症の起こり の1つとして内臓、血行の悪さからくる冷え性があります。その冷えを根本的に改める為に、ご飯療法を行なう事が必要になってくると思っております。

生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、冷えの原因となる食品を敬遠する事も自分の努力で出来る体質改善への軌跡でしょう。
鉄分 サプリメント

妊活の中でも、体質改善のために、漢方の力で妊娠しやすい体を根本から作る治療は大変、効果的であるといえます。実際、病院で医師に診察してもらい、漢方を処方してもらえば保険の適用が聴くので、わりと安価でつづけやすいのも特長です。女性のみならず男性不妊にも効果的だとされており、夫婦両方で飲むのもお勧めです。
posted by ありさ at 04:15
"妊活と葉酸"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。